murasaki-murasakiのブログ

みなさんこんにちは!
私は、都内の某私立大学に通う大学2年生21歳(♂)です。
え?21歳?浪人した?と思われた方、その通りです(笑)
ですが、この浪人の経験こそが私の思考を180度変えてくれました。受験のために費やしたその1年間は、結果的に私自身を大きく変えるきっかけとなりました。
そこで、そんなきっかけが自分を変え、それを少しでも発信したいと思い、このブログを立ち上げました。
では、このブログでどんなことを書いていくのか?簡単です。
私が日頃感じていることをただただ書き込んでいくだけです。
なんだ。そんなどこの誰かわからない大学1年生が日頃感じていることなんか興味ないよ。って思われるかと思います。というか自分なら間違いなくそう思います(笑)
ですが、自分はそんな日頃感じていることを、いろんな観点から書き込んでいきたいなと思っています。つまらなかったり、意味ないなと思った読み続けてもらわなくても大丈夫です!それは私の力不足なだけなので(笑)なんせ初めてのブログなので、上手く書けるかわかりません(笑)
ただ少しでも読者の皆さんに楽しんでいただけるような記事を書いていきたいなと思います!

今一番注目されてる高校生、清宮幸太郎の進路について

みなさんこんにちは! murasaki-murasakiです!




今回の記事は、今一番注目されてる高校生「早稲田実業3年 清宮幸太郎」の今後の進路について言及していきたいと思います。




清宮幸太郎選手は、早稲田実業硬式野球部に所属している高校3年生です。



彼が一躍注目を浴びたのは中学生の頃。



当時行われた少年硬式野球リトルリーグの世界大会で、史上最大のホームランを放ち、現地のメディアから野球の神様であるベーブルースにちなんで「和製ベーブルース」と言われていました。




そして、鳴り物入りで早稲田実業に入学し、即3番1塁手としてレギュラーを獲得。
その年の夏の甲子園では1年生最多タイとなる2本のホームランを放ち、ベスト4進出に貢献しました。



その後、3年の春の選抜にも出場し、惜しくも最後の夏は西東京大会決勝で敗れ甲子園出場は逃したものの、U-18日本代表の主将として世界の舞台でも2本の豪快なアーチを放ち、その積み重ねた高校通算本塁打数は歴代最多となる111本!!



みなさんも一度はテレビで見たり聞いたりしたことある清宮選手ですが、今この清宮選手の進路について、メディアではプロなのか大学なのかと騒いでいます。





というわけで、史上最強の高校生スラッガー清宮選手は、今後どういう方向の進路へ進むのがいいのか、私なりに言及していきたいと思います。


あ、言及といっても一ファンとして思っていることをただ書くだけなので、そんなに深掘りした話はしません笑



結論から言うと、私は卒業後、清宮選手はプロ野球の世界に行くのがいいと思います。



清宮選手のお父様が早稲田大学出身で、お母様が慶應義塾大学出身と、ご両親ともに一流大学のご出身で、特にお父様は早稲田大学ラグビー部の元監督で、現在はトップリーグヤマハ発動機ジュビロの監督をしてらしゃる、ラグビー界ではとても有名な方で、その繋がりから清宮選手は早稲田大学に進学するのではないかと言う話が有力だった時期もありました。



時にはアメリカの大学に進学するのではないかと言う話も出てきましたがおそらくその選択肢はないのではないかと思います。



では、なぜ私が大学ではなくプロへ行くべきだと思うのか。



まず、プロ野球選手は野球を仕事としてやっており、いわば自分の生活がかかっているのです。しかも、戦力外でクビになった場合、新しく職に就くのが厳しいと言われています。そのため、プロ野球選手は皆、なんのか生き残ろうと毎日血眼になって練習しています。なので、そういう選手がいるこのプロ野球という世界は自分が這い上がるには一番の環境なのではないかと思っています。


ですが、大学で野球をしている選手たちが血眼になって練習をしていないといっているわけではありません。大学でやっている選手の中には、大学で野球人生を終えようと思っている選手もたくさんいます。なので、悔いの残らないよう精一杯練習している選手もたくさんいます。



ただ、自分が食っていけるかいけないかというところまでの世界ではないので、そういう意味ではプロの方がいいのではないかと思っています。



もう一つ、清宮選手はおそらく今までの野球人生で、自分よりもはるかに上の存在に出会ったことがないのではないかと思います。


もちろんいるとは思いますが、桁違いというところまでの選手とは野球をしたことがないと思います。(あくまでも予想でですが・・。)
しかし、プロの一流のスラッガーたちはまちがいなく今の清宮選手よりもはるか上の選手です。高校野球というレベルの幅が大きい世界では清宮選手の存在や数字は圧倒的ですが、一流の選手が揃うプロ野球という世界では、まだまだ一流の選手と肩を並べて活躍できるのは難しいでしょう。



そういう意味では、一度挫折というものを経験するのもいいのではないかと思います。大学よりもさらにレベルの高いプロ野球だと、おそらく挫折を経験する確率も高いと思います。



一度挫折することによって、その経験がさらに自分を高めてくれると思うので、そういう経験をプロの世界でするのはとても大切だと思っています。




ここまで話してきましたが、曖昧だなと思われるところもあるかもしれませんが、一番はやはり「プロの世界で清宮選手を見たい!」ということですかね笑



私の弟は中学時代清宮選手にホームランを打たれた経験があります。



そういうこともあり、清宮選手には頑張って欲しいと強く思っています。



なので、プロという輝かしい世界で、また前人未到の記録を打ち立てて欲しいなと思っております。



最近のニュースなどを見ていると、今月末にプロ志望届を提出?!なんて話もあるので、来年の今頃はプロの世界で活躍する清宮選手が見られるかもしれませんね!!




ということで、清宮選手の進路について話させていただきました!




最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)



よろしければ、ナイス読者登録の方よろしくお願いします!



では、この辺で失礼します。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。