murasaki-murasakiのブログ

みなさんこんにちは!
私は、都内の某私立大学に通う大学2年生21歳(♂)です。
え?21歳?浪人した?と思われた方、その通りです(笑)
ですが、この浪人の経験こそが私の思考を180度変えてくれました。受験のために費やしたその1年間は、結果的に私自身を大きく変えるきっかけとなりました。
そこで、そんなきっかけが自分を変え、それを少しでも発信したいと思い、このブログを立ち上げました。
では、このブログでどんなことを書いていくのか?簡単です。
私が日頃感じていることをただただ書き込んでいくだけです。
なんだ。そんなどこの誰かわからない大学1年生が日頃感じていることなんか興味ないよ。って思われるかと思います。というか自分なら間違いなくそう思います(笑)
ですが、自分はそんな日頃感じていることを、いろんな観点から書き込んでいきたいなと思っています。つまらなかったり、意味ないなと思った読み続けてもらわなくても大丈夫です!それは私の力不足なだけなので(笑)なんせ初めてのブログなので、上手く書けるかわかりません(笑)
ただ少しでも読者の皆さんに楽しんでいただけるような記事を書いていきたいなと思います!

政治経済に続いて受験英語の勉強法!〜英単語編〜

久しぶりの投稿です。


以前、受験の政治経済の勉強法について書かさせていただきました。


そこで、いつか英語の勉強法も書きますと言ったので、今回書きたいなと思います。


前以て言っておきますが、私は英語の力はもちろん伸びましたが、偏差値60ちょいくらいで、政治経済ほどの爆発的な伸びではなかったので、もっと他にもたくさんいい勉強法はあると思うので、英語の勉強法を確立できてない人や、これから英語の勉強を始めようと思っている方向けかもしれないので、ご了承ください。


まず、英語では何と言っても単語!


とよく言いますが、これは受験でいう偏差値60まで、TOEICでいう600点くらいまでの話だと勝手にですが思ってます。


ま〜わからない単語が出てきても文脈で〜とかあるんですけど、今回は省きます笑


なので、今回は英語はまず単語だ!と断言しておきます!


ではどのようにして英単語を覚えていくか。


世の中にはたくさんの覚え方がありますよね。


読んで覚える。書いて覚える。聞いて覚える。


他にも細かく見ればたくさんあります。


私がやっていたのは読んで覚える!でした。


ただ、読んで覚えるにもやり方やコツがあります。


まず、私は単語帳一冊を用意しました。


この単語帳は自分のレベルにあった単語帳を選びましょう。


よく、偏差値40くらいで一流大学を目指そうとしている人が、目指している大学のレベルが高いが故にいきなりレベルの高い単語帳を選んでしまうことがありますが、絶対にやめてください。


あと、よくオススメの単語帳とか紹介されていますが、結局は自分に合う単語帳は自分の目で見ないとわかりませんので、実際に店頭で見てください。


もし、なにが自分に合うのかわからないという方がいましたら、一番左に英単語、その横に日本語訳、そのまた横に例文があるような王道な単語帳を選ぶのが無難かと思います。


では、読み方についてですが、赤シートで隠して読んでいくという普通のやり方なんですが、一つの単語にあまり時間をかけないほうがいいです。


思い出せなかったらすぐ見ます。


瞬間的に思い出せるようになるためです。


それと、例えば1〜100までを何回もやるというやり方よりも、単語帳一冊を何周もやるというやり方の方がいいです。


特に、受験まで1年ある人は絶対このやり方がいいです。


ただし、3ヶ月後に成果を出したいという人は最低限覚えるべき範囲をやってください。


とにかく単語帳一冊をアホみたいに繰り返し読みまくってください。


記憶に定着させるには何十周とやる必要があります。


ただ、より効率よく覚えるための方法がございますので、それは政治・経済勉強法!偏差値40以下から5ヶ月で偏差値78にした勉強法! - murasaki-murasakiのブログをご覧ください。


ですが、単語帳を何十周しても、なかなか覚えられない単語というものが必ず出てきます。


そういう時に私は、紙に大きく英単語を書いて品詞、訳を書いて家中の目に入りやすいところに貼りまくっていました!


こんな感じです。

これは全部黒のペンですが、受験生の時は単語が、訳をで書いてました。


これを家中に貼って、目に入ったら読む感じです。


それでも覚えられない場合は書くのもいいと思います。


ここで、読むにあたって一つやってもらいたいことがあります。


それが、これらの単語に対して怒りを持ってください。


「ちくしょー!絶対お前のこと覚えてやるからな!」と言った感じです笑


これ、実はすごく大事です。


怒りを持つことによって、印象的になります。


そうすることによって、頭の中に残りやすくなります。


そして、単語を覚えることには他にも重要なことがあります。


それは、”自信”になることです。


自分はこれだけの単語を覚えたんだという自信が持てれば、英語に対する不安もなくなり、より勉強に身が入ると思います。


色々書きましたが、わかりやすく私がやっていた英単語の覚え方をまとめますね。


  1. 自分にあった英単語帳を購入する。
  2. まずは単語帳を一冊パ〜っと読む。
  3. とにかく10周する。
  4. 30周する。
  5. わからない単語を紙に書いて家中貼って目に入ったら読む。
  6. それでも覚えられない単語を書きなぐる。
  7. 最終的に50周以上やる。

ま〜大雑把ですがこんな感じです。


他にも、長文を読むにあたって覚えたり、単語にあだ名をつけて覚えたりとありましたが、主にこんな感じです。


最後の50周以上やるというのは、私は単語帳一冊につき最終的には最低50周はやってほしいなと思っています。


50周と聞いて、多いな〜と思う方は多いと思いますが、一周する時間をあまりかけなければ全然できます。


よく、一周する時に、覚えよう覚えようとして時間をかけてしまいがちですが、わからなくても次へ次へとどんどん進んでください。


そうすればすぐに50周はいけます。


自分にあった単語帳をと言いましたが、一応私が受験生の時に使っていた英単語帳を紹介しておきます。


英単語ターゲット1400
 これは大学受験に出てくる単語の中でも基礎の方の単語が載っています。
レベル的には大体日東駒専、センター英語6割〜7割くらいかなと思います。


英単語ターゲット1900
 これは1400に乗っている単語もいくつかありますが、レベル的にはGMARCH、センター英語8割くらいになるかなと思います。


リンガメタリカ
 これは受験英単語の中でもかなり難易度が高いものとなっています。
早慶上智、センター9割以上のレベルになっています。
早慶上智を目指していない方はやる必要はないかなと思います。


主にこの3冊をやっていました。


ちなみに、早慶上智を目指している人、というより目指そうとしてこれから勉強を始めようとしている方にオススメするのは”単語王”です。


2200語載っていて、これ一冊を完璧にすれば、早慶上智レベルの語彙力がつくと言われています。


私も見たことがありますが、非常にいいなと思いました。


今回は英単語について書きましたが、何かわかりにくいことがあったり、聞きたいことがあればコメントしてください!


ではこの辺で失礼いたします。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。